無職の息子が交通事故で死亡しました。「逸失利益」はどのように計算するのでしょうか。

逸失利益とは,「交通事故がなければ被害者が得たであろう経済的利益を失ったことによる損害」を言い,交通事故の加害者が被害者に賠償すべき損害の一部分を構成します。
被害者が死亡した場合の逸失利益は,
「収入額(年収)×(1-生活費控除率)×中間利息控除係数」
という式で計算されます。
【収入額】
さて,無職の場合は事故の時点で収入がないものの,将来就労して収入を得る可能性が事故によって絶たれたとして,逸失利益があると言える場合があります。
例えば学生が死亡した場合は,学歴・性別から考えられる平均賃金を,上記の式の「収入額」とします。
そして,失業者については,労働能力,労働意欲,就労の蓋然性によって収入を考えます。
例えば,最近まで働いていた会社が倒産したことで失業し事故当時求職中だった場合には,労働能力・労働意欲が十分にあるといえ,就労の蓋然性があることから,平均賃金を「収入額」とすることが考えられます。
他方,定年退職によって無職となり,求職活動を全く行っていなかった場合について,就労の蓋然性がないとして逸失利益を否定した裁判例もあります。
本件の息子さんが仮に,大学卒業後,求職活動を全く行わずに何年も経っていた場合,どのように考えるか難しいところです。
現時点までずっと労働意欲が無いからといって,将来も永久にそのままとまでは言い切れないように思いますので,例えば男性全職種全学歴平均などの基準を用いて計算することが考えられます。
【生活費控除率】
次に「生活費控除率」ですが,これは,先ほど考えた収入から,生活費を差し引く計算です。もっとも,生活費を正確に見積もることは難しいため,適宜の数値で概算されています。
無職の場合は生活費控除率が多めに計算される傾向があるようです。
【中間利息控除係数】
ここまでに計算した年間の利益額を今後何年間か得られたはずだと考えて損害額を計算するのですが,将来得られたはずの収入を今すぐ受け取るものとして計算するため,利息分を差し引いて計算する必要があります。
この計算は面倒ですが,年齢に応じた「係数」をあらかじめ計算した一覧表がありますので,その表から故人に該当する部分の数値を見ることで分かります。

アクセス

藤沢駅北口徒歩3分

神奈川県藤沢市藤沢973 相模プラザ第3ビル2階
地図はこちら

交通

  • 藤沢駅北口徒歩3分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

藤沢を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

交通事故無料相談

後遺障害認定や示談交渉、訴訟提起についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート