過払金請求にも時効はあるのですか?同じ業者から借り入れて完済し,また借り入れている場合,この時効はどの時点から進行するのですか。

まず,過払金返還請求権は,民法でいうところの不当利得返還請求権というものであり,10年で時効にかかると規定されています。この10年はいつからカウントされるのかというと,最後の取引があった時とされていますので,通常は最後の返済を行ってから10年以内に請求する必要があります。
では,同じ業者から借り入れ,完済,また借り入れをした場合はどうなるでしょうか。この場合,この二つの借り入れが「事実上1個の連続した取引」といえるかどうかが重要となります。この連続性が認められる場合,二つ借り入れは一つの取引と評価されるので,10年の時効のカウントが始まるのは,二つ目の借り入れの最後の返済の日になります。逆に,連続性が認められない場合,10年の時効は一つ目の借り入れの最後の返済日になってしまいます。
この「事実上1個の連続した取引」といえる場合かどうかは、前取引の完済と後の借入れまでの空白期間の長さ、前の基本契約の契約書の返還の有無、貸付条件の変更の有無などの様々な事情に基づいて判断されます。下級裁判所の運用では,取引の空白期間が1年を超えるかを基準にしていると思われるところもあるようです。
実務では,このように完済を挟むような場合,その空白期間が数か月でも貸金業者から取引の分断(「事実上1個の連続した取引」とは言えない)が主張され,一つ目の借り入れについては過払金請求は時効消滅しているとの主張されることもあります。

アクセス

藤沢駅北口徒歩3分

神奈川県藤沢市藤沢973 相模プラザ第3ビル2階
地図はこちら

交通

  • 藤沢駅北口徒歩3分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

藤沢を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

交通事故無料相談

後遺障害認定や示談交渉、訴訟提起についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート